裁判所に申し立て

個人再生

借金 個人再生

 

 

個人再生は、裁判所に申し立てを行います。
住宅ローン以外の借金の元本を1/5〜1/10に減額してもらったり、今後の利息もカットしてもらう手続きを行うのです。

 

任意整理では3〜5年では返済しきれない金額だった場合、しかし自己破産はしたくないという時に有効な手段です。
自己破産をすると住宅ローンもなくなる代わりに家は差し押さえになります。

 

家を残しつつ、借金を減額することができます。
しかし誰でも、個人再生できるわけではなくいくつか条件があります。

 

・住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下であること
・一定の収入があること

 

これらは裁判所によって判断されます。