総額減らす

任意整理

 

借金 任意整理

 

任意整理は、貸金業者と債務の総額や金利を減らしてもらう交渉を直接行うものです。
債務者が減額してもらった残りの借金を3〜5年かけて返済するものです。

 

任意整理は弁護士を通さない分、比較的手続きが簡単です。
貸金業者に利息をカットしてもらったり、分割してもらったり、返済計画について話し合うものです。

 

貸金業者は出資法の年利29.2%までは金利を取っていいという法律で貸し付けを行っていました。
しかし、利息制限法で年利15〜20%しか認められなくなったため、以前高金利で貸しつけた借金の分を返済する必要が生じました。
これが、過払い金というものです。

 

ずっと昔から返済をしている人は、払いすぎた金利を返してもらえるかもしれませんので、ぜひお問い合わせください。